最大20% 消費電力削減!!

エアコンの室外機は、まるで邪魔者扱いされ非常に過酷な場所に設置されています。

そのため夏季・冬季に無駄な電力を多く消費しています。

そんな室外機の状態では、CO2削減や電気使用量は抑えられません。

 

室外機に水を掛けたりすることは、一時的には効果がありますが

水をずっとかけていると、室外機の心臓部であるアルミのフィンにシリカや汚れが付き

熱交換効率が落ちてしまいます。

汚れが付着し目詰まりしたアルミフィン

弊社では、室外機の環境を良くし、省エネやCO2削減に貢献する対策を提案いたします!

≪ホワイトウィング・ホワイトラップ≫

遮熱・断熱塗料を室外機本体や室外機周辺に塗布することで

室外機周辺の環境温度を下げることが出来ます。

左:未施工の室外機    右:対策を施した室外機
サーモグラフィーの画像

陽当りの良い箇所では、遮熱・断熱塗料を塗った『ホワイトウィング』を

室外機に設置することで、日陰を作り吸気面の温度を抑えることが出来ます。

ホワイトウィング設置事例

遮熱塗装を施したウィングで吸気面に日陰を作りフィンの温度上昇を抑えます。

左:ウィング設置      右:未設置
サーモグラフィーの画像

節電の効果

ブラインド型省エネカバー『ホワイトウィング』を室外機に設置することにより使用電力量を削減することが可能です。接地面を吸気側にすることにより、日陰を作り吸気面の温度を下げることが大きな効果に繋がります。

今年の夏は、電気代の値上げや節電要請により、電気使用量を抑える活動が必要となります。

暑くなってからでは、工事が立込んで工事まで時間を要する場合がございます。

夏本番の前にぜひご検討のほどよろしくお願いいたします。